Step4:コネクターで配線くっつけましょう。
さて、これで配線をつなげれば無事ウィンカーの設定が完了。

では配線をどうつなぐか。
大まかに方法は以下の2つ。

①そのままつけてしまう。

②後で取り外しが可能なようにコネクターでくっつける。


①だと普通にくっつけてガムテープぐるぐる巻きにするだけだとちょっと不安なので、ハンダゴテは欲しい。しかし手元にない。
②に関してはコネクターと電工ペンチが必要。
あ、電工ペンチはなくってもなんとかなるか。普通の先の細いペンチとはさみがあれば。

幸い俺の場合はセットでコネクターもついていたので、②の方法でいくことにする。
なにより「やっぱりこのウィンカー キモいや!」ということになっても付け直しが簡単なのでこの方がよい。可能性高めだしね
a0012748_112236.jpg

上が電工ペンチ。機能としては、「思いっきり握っても中の銅線を切ることなく表皮だけ切れる」機能と「コネクターを配線とくっつけるときに金具をつぶす」機能がある。
なので、はさみと細身のペンチでくりくりやるだけでも可。

ちなみに右下がコネクター。
左から雌・雄です。この向きでドッキング。
くっつけ方は左の写真のように配線を長めむき出しにして2つ折りにした後、外側から差し込んでペンチでつぶして固定するだけです。

けっこうちまちました作業だ・・。手先が不器用だといらいらしてくる。(笑

あ、その上にある白いのプラスチックカバーです。
必ず先に配線に通しておきましょう。あとからだと結構大変です。
[PR]
by hd_1200 | 2004-04-27 00:33 | ┣ ウィンカー(リア)


<< Step3:まずはネジ固定させ... Step5:さらにテープで巻く... >>